弁護士の紹介

きめ細やかなサポートとサービスを提供しております。

ジェーン・オーゲル弁護士

アイルランド生まれで、イギリスと中東での生活・勉学・仕事を経た後、アメリカに拠点を移しました。1993年にコロンビア大学にて政治学のBAを取得し、1997年ラトガース大学にてJD (法学博士) 取得。同弁護士はNY及びNJ州認可弁護士であり、アメリカ移民弁護士協会(AILA)及びNY州弁護士協会の会員です。
英語でのお問い合わせはjane@janeorgelesq.comまで
「日本人のみなさま。ぜひ自由の国アメリカで、あなた達の才能を十分に発揮されてください。私達がその第一歩を全力でサポートいたします。」

June Miyata(バイリンガルリーガルアシスタント)

日本で生まれ育ちました。台湾大学にて、化学の学位を取得後、日本に戻り、ドイツ系の製薬会社に 16 年間勤務。ドイツ、フライブルグへの留学経験があり。ワシントン DC にいる間は、受賞経験のある弁護士の元で勤務。また、LEDの訴訟については、マンハッタンで屈指の弁護士事務所で、reviewer としても働いた経験もあります。彼女の正直でまっすぐな姿勢は、クライアントから高く評価されています。
10 年以上の多岐に渡る移民ビザの知識と経験は、O-1B, PERM, EB-1, NIW, H-1B 等々のケースを成功に導いています。モットーは、社会そして世界により多く還元する事です。

Yuki Azuchi(バイリンガルリーガルアシスタント)

日本で生まれ育ち、高校時代にアメリカでの交換留学を経て東京にて法律事務所勤務をを4年間経験したのち、ニューヨーク市立大学へ進学し、2013年に卒業しました。在学中はジェンダー学とリーガルスタディを勉強しながらソーシャルサイエンスの教授の下でリサーチメソッドを学びました。
また同時にニューヨーク市ハーレム地区にあるパブリックディフェンダーの事務所リーガルインターンを務め刑法を実地で学び、毎日足しげく裁判所へ通う学生時代を過ごしました。卒業後は日本の外資HR企業にて実務上のゼネラルマネージャーを3年間務めました。アートや音楽への深い理解と法律・コーポレート両方での実務経験を活かしてアメリカで活躍を夢見るみなさんのお手伝いを細やかにしていきたいと思っております。