アーティストビザ アーティストビザ
グリーンカード
アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ アーティストビザ






弊社では過去14年間、日本人の方々をはじめ、多くのアーティストビザ(以下「O-1ビザ」)の取得をお手伝いしてきました。過去にO-1ビザを取得されている方々は、ニューヨークやロサンジェルスをはじめアメリカ国内・外で活躍の場を広げていらっしゃいます。弊社では一人ひとりのお客様が確実にビザを取得できるよう、きめ細やかなサポートとサービスを提供しております。 お問い合わせはこちら


2020年2月のアップデート情報- 2020年2月24日 new!
2019年 ブログアーカイブ
2018年 ブログアーカイブ
2017年 ブログアーカイブ
2016年 ブログアーカイブ
2015年 ブログアーカイブ



ジェーン・オーゲル弁護士

アイルランド生まれで、イギリスと中東での生活・勉学・仕事を経た後、アメリカに拠点を移しました。1993年にコロンビア大学にて政治学のBAを取得し、1997年ラトガース大学にてJD (法学博士) 取得。同弁護士はNY及びNJ州認可弁護士であり、アメリカ移民弁護士協会(AILA)及びNY州弁護士協会の会員です。
英語でのお問い合わせはjane@janeorgelesq.comまで
「日本人のみなさま。ぜひ自由の国アメリカで、あなた達の才能を十分に発揮されてください。私達がその第一歩を全力でサポートいたします。」


June Miyata (バイリンガルリーガルアシスタント)

日本で生まれ育ちました。台湾大学にて、化学の学位を取得後、日本に戻り、ドイツ系の製薬会社に 16 年間勤務。ドイツ、フライブルグへの留学経験があり。ワシントン DC にいる間は、受賞経験のある弁護士の元で勤務。また、LEDの訴訟については、マンハッタンで屈指の弁護士事務所で、reviewer としても働いた経験もあります。彼女の正直でまっすぐな姿勢は、クライアントから高く評価されています。
10 年以上の多岐に渡る移民ビザの知識と経験は、O-1B, PERM, EB-1, NIW, H-1B 等々のケースを成功に導いています。モットーは、社会そして世界により多く還元する事です。


Yuki Azuchi (バイリンガルリーガルアシスタント)

日本で生まれ育ち、高校時代にアメリカでの交換留学を経て東京にて法律事務所勤務をを4年間経験したのち、ニューヨーク市立大学へ進学し、2013年に卒業しました。在学中はジェンダー学とリーガルスタディを勉強しながらソーシャルサイエンスの教授の下でリサーチメソッドを学びました。
また同時にニューヨーク市ハーレム地区にあるパブリックディフェンダーの事務所リーガルインターンを務め刑法を実地で学び、毎日足しげく裁判所へ通う学生時代を過ごしました。卒業後は日本の外資HR企業にて実務上のゼネラルマネージャーを3年間務めました。アートや音楽への深い理解と法律・コーポレート両方での実務経験を活かしてアメリカで活躍を夢見るみなさんのお手伝いを細やかにしていきたいと思っております。

日本語でのお問い合わせ
電話:646-378-4402
Email: legalassistant2@janeorgelesq.com



■コンサルテーションについて■

コンサルテーションポリシー

弊社の弁護士はクライアント様からEメールにて送られた英文の履歴書とその他のお仕事に関する資料のレビューを無料で行い、ビザ取得の可能性の診断と簡単な質問にお答えしております。その後弊社の弁護士がクライアント様にビザ取得の見込みがあると判断した場合はコンサルテーションのご案内をさしあげております。

弊社でのコンサルテーション費用は1時間$350、日本人リーガルアシスタント同席の場合は$400でSkype又は、弊社オフィスで行っております。その際、弊社の弁護士はクライアント様の履歴書等の資料を基にケースを慎重に見極め分析し具体的なビザ取得の手順、必要な資料等のアドバイスを差し上げております。弊社では履歴書やその他の資料を慎重に分析する為に必要不可欠なステップと考えております。なぜなら、クライアント様にご用意していただく履歴書や資料は特に複雑なケースをお持ちのクライアント様のビザ可能性を左右する極めて重要な物になるからです。

ですので、弊社からコンサルテーションのご案内を差し上げる際にご用意していただきたい資料のご案内も差し上げております。
コンサルテーションの際、弊社の弁護士はクライアント様との会話を通して得た情報やご用意していただいた資料を基に今後どのようにクライアント様のケースを進めていくかの最適なアドバイスを差し上げております。その際、大半のクライアント様はビザ申請の為にどれほどの資料が必要か又は、どれほどの情報を得ることができるかご存知ありません。

弊社のコンサルテーション費用は高いでしょうか?弊社でのコンサルテーションは結果的に申請を却下される又は、良くて追加資料の請求が送られてくるといった他社の形だけのコンサルテーションと比べていただければ決してそのようなことはないとご理解いただけると思います。

コンサルテーションには以下の項目が含まれます。

  • 弊社の経験豊富な弁護士による履歴書やアーティストとしての経歴を示す資料(例、新聞や雑誌などのプレスや現在まで獲得した賞など)のレビュー。日本人アシスタントの同席を含む。
  • ご持参いただいた資料を基とした、取得可能性の判断やビザ申請に向けて今後必要となってくる資料等に関するアドバイス
  • ビザスポンサーシップやエージェントに関してのアドバイス
  • 質疑応答(コンサルテーション内または、Eメール)
  • アーティストビザに関する説明ならびに必要書類に関する説明
  • コンサルテーション後、Eメールによるアフターケア等


■弊社の企業クライアント様■



Howard Griffin Gallery (London and Los Angeles)
Lakeland Industries Inc. (New York, China, and worldwide)
Telstar North America Inc. (US)
Henick-Lane Inc. (New York)
O Planning LLC (New York and Tokyo)
Talan LLC/Talan SAS (New York, Paris)


「HIKOBAE」米国公演に出演された20名以上の役者・舞台関係者の
➡ビザ申請を担当させていただきました!

日本のアクターズクリニックと米国のステラアドラースタジオによる、日米の文化交流及び復興を目的とし、東日本大震災をテーマに描かれた舞台「HIKOBAE」 (塩屋俊氏監督)。弊社では2012年、2013年度の「HIKOBAE」米国公演に出演された20名以上の役者・舞台関係者のビザ申請を担当いたしました。2012年はニューヨークの国連およびThe Ailey Citigroup Theatreにて、2013年はロサンジェルスのJapanese American Cultural & Community Center、ニューヨークのTribeca Performing Arts Centerで公演されました。

 



➡弊社をご利用いただいた全ての方々にビザが下りました。

●ジェーンオーゲル法律事務所は2016年に全部で76のO-1ビザのケースを申請いたしました。ほとんどのケースが追加書類の要求(Request for Evidence)をされることなく、75人の方々にビザが下りました。こちらの詳細は以下の表をご覧下さいませ。



●こちらの表は2015年にジェーンオーゲル法律事務所で申請したアーティストグリーンカード(EB-1 Extraordinary Ability Green Card )のセルフぺティションのケースを表しています。こちらの全ての方々が追加書類の要求(Request for Evidence)無しでグリーンカードを無事取得しました。




 
グリーンカード
アーティストグリーンカード
アーティストビザって何
よくある質問
よくある質問
ビザ取得アーティスト




Copyright ©artistvisa.com All Rights Reserved.

DISCLAIMER: This site and any information contained herein is intended for informational purposes only and should not be construed as legal advice. Seek competent legal counsel for advice on any legal matter.

Web Design By ALL VISION PRODUCTION